ニキビ跡を治す化粧水とは?

ニキビ跡を治す化粧水とは?

ニキビ跡と化粧水

 

ニキビ専用の化粧水はたくさんあるけど、結局どれがいいか混乱してしまうことありますよね。スキンケア商品があふれる中、自分のニキビ跡に効き目があるものを最初から探したいと誰でも思うでしょう。ニキビ跡で悩ますのが赤や茶色のタイプです。

 

赤いニキビ跡におすすめの化粧水

ニキビ跡が赤みとして残ってしまったタイプにおすすめなのが炎症を抑えるビタミンC誘導体が配合されたタイプの化粧水です。ニキビ跡の赤みを改善するにはAPPS(アプレシエ)と呼ばれるビタミンC誘導体よりも約100倍の浸透性があるタイプのものです。肌へ有効成分を届けるには優れた能力があります。油溶性・水溶性の両方の機能があり、肌に残った赤みのある色素沈着におすすめの化粧水です。

 

ニキビ跡が茶色く色素沈着したら

茶色いシミがこめかみや頬の辺りにパラパラ現れているのを発見したニキビ跡がシミとなっているのかもしれません。茶色く色素沈着したシミに有効な化粧水は美白成分が配合されたタイプになります。美白成分で主なタイプのものは次のとおりになります。

 

・「美白成分」配合の化粧水を選ぶ

シミとなって茶色く色素沈着してしまったニキビ跡には「美白成分」配合の化粧水が効果的です。美白成分はたくさんありますが、シミを予防するタイプのものではなく、シミを消す効果があるものを選びましょう。代表的なシミ消しに効果がある美白成分は次のとおりです。

 

・ ハイドロキノン

アメリカで代表的な美白成分といえばハイドロキノンですが優れた美白の力があります。コウジ酸、βアルブチンの数10倍ものメラニンを阻止するパワーがあり、「肌の漂白剤」と呼ばれるほどです。

 

・ プラセンタエキス

メラニン生成を防ぎ、色素沈着が起こらないように肌へ働きかけます。新陳代謝を高まり肌の再生能力がUPすることで茶色いシミや肌全体にあるくすみを解決する効果があります。

 

・ APPS(アプレシエ)

ニキビ跡の炎症を抑える成分だけではなく美白の有効成分があるため、どんなニキビ跡にもおすすめできる成分です。クレーターになった凹凸には効果がありません。

 

これらの美白成分は、肌への浸透が良い反面、刺激となる場合があるため、使用前にパッチテストをされることをおすすめいたいします。

 

どんなに美白成分の化粧水を使っても紫外線対策をしていないと、ニキビ跡だけではなく、紫外線が原因のシミができることも考えられます。そのため、UV対策はかかせません。ニキビ跡は早い段階ですと「ピーリング」もおすすめです。自分でできるタイプのピーリングや美容皮膚科で行う高濃度のピーリング治療も効果を発揮します。自分のニキビ跡にはどんな化粧水がいいのか、さまざまな成分や方法で試し、一番合うタイプを見つけ出すことです。