ニキビと肌の関係とは?

ニキビと肌の関係とは?

ニキビと肌の関係

 

キレイな肌こそ、女性の憧れですが、今は男性でも肌のお手入れをする時代です。ほとんどの方が肌のトラブルを気にし、毎日の自己ケアで、もっと肌の状態が良くなるようにと思っているでしょう。そんな肌のトラブルといえば10代の頃から多くの人たちが体験するニキビがあります。ニキビは肌質と深い関係があるといいますが、なるべく毎日のスキンケアでニキビ肌を改善し、美しいツルツルの肌質を取り戻しましょう。

 

肌質とニキビの関係性

肌質は大きく分けて「乾燥肌」、そして「脂性肌」の2つに分かれます。

 

・乾燥肌とは

乾燥肌は肌のうるおいや水分が減りバリア機能失われている状態です。特にもともと皮脂の分泌が少ない部分の口周りなどは荒れてしまいがちになります。水分と油分のバランスが悪いために起こる乾燥肌に有効なのは、スキンケアで潤いタップリのお肌を実現できます。乾燥肌に大切なスキンケアはやはり保湿ケアですね。特に冬などの肌寒い時期に乾燥しやすいため、肌をスキンケアで充実させてあげましょう。

 

・脂性肌とは

肌は皮脂の状態が安定しているとちょうど良い皮脂膜を作り、外部の刺激から肌を守る機能が働きます。しかし過剰に皮脂が出ると脂性肌になります。そもそもこの脂性肌になる原因は角質層が乾燥しているからです。角質層が乾燥すると水分がこれ以上蒸発しないように表面に皮脂膜を張る機能が働きます。ですから脂性肌の対処方法は水分を肌に充実させなければこの症状は治まりません。

 

脂性肌の原因には、さまざまな要因が考えられます。例えば不適切なスキンケアを習慣にしていることです。肌質と合わないスキンケアを良い方法と信じ、毎日行うことで肌質が変化し、ニキビ肌を自ら作り上げていることです。

 

脂性肌の方に多いスキンケアで過剰に洗い過ぎるケースがあります。皮脂は肌にちょうどよい具合で残らないとなりませんので、皮脂の取りすぎには注意が必要です。そして洗顔は刺激を与えないようにやさしく行わないとなりません。そして洗顔の後に必ず必要なのが保湿です。保湿はベトベトしないタイプでアルコール分が含まれないものが良いでしょう。アルコールは水分を蒸発させてしまうからです。

 

脂性肌は、皮脂が詰まりニキビができやいため毎日のスキンケアで肌質を改善し、肌トラブルを防ぎましょう。基本は肌に優しいスキンケアです。刺激を与えることでニキビを招くことも考えられるので優しくケアしてあげてください。