顔のシミとニキビ跡を消す方法とは?

顔のシミとニキビ跡を消す方法とは?

 

 

どんなに洗顔しても取れないシミやニキビ跡。できてしまうとなかなか取れないため、厄介ですよね。赤みのあるタイプやニキビ跡が茶褐色や紫色に変色し、長い間放置しておくと消えないシミとなって長い間のお付き合いをしなくてはならなくなります。シミを消したいのなら色やできた場所で判断してシミができた原因を特定しましょう。

 

シミの色が紫色になる原因

最初は赤かったニキビ跡も時間が経過するとともに紫色の斑点のようになります。
特に痛みはありませんがこれは、ニキビが炎症をし肌の細胞組織がダメージを受け、毛細血管から血がにじみシミになった跡です。肌の組織の中には毛細血管が張り巡らされています。これはニキビなどが炎症をした際に細胞を修復させるためです。しかし炎症がひどくダメージが深いと毛細血管が破裂してしまいます。血液は凝固すると紫色に変色します。そのときに内出血した跡が紫色のシミというわけです。

 

シミが茶褐色になる原因

ニキビ跡に紫外線を多く浴びるとメラニン色素が沈着します。メラニン色素は紫外線などの外的要素から肌を守るために働くものですが、紫色のシミなどの上に紫外線を大量に浴びると弱った皮膚を守ろうと大量にメラニン色素が発生し茶色いシミを作ります。メラニンは普段体内に蓄積されていますが、肌を守ろうとする範囲を超えるとシミとなって肌に残ってしまいます。すると茶色のニキビ跡になるのです。
茶褐色の色素沈着は一生残る可能性があるため、早目の処置が必要です。

 

嫌なニキビ跡を治す方法

色素沈着をしてニキビ跡のシミになっている場合、「ハイドロキノン」を含む軟膏が有効です。ハイドロキノンはハイドロキノンとは天然の成分から作られた、お肌の美白効果で活躍している成分です。最近では医療機関等処方されるようになりました。シミ取りクリームとして知られるようになり話題を呼んでいる存在でもあります。ハイドロキノン、トレチノイン、レチノイン酸などシミに効果のある美白剤を配合したクリームはニキビ跡で悩む方の心強い存在なのです。効能は強力でニキビ跡などのしみの部分に非常に薄くぬるだけで簡単です。使う期間は2ヶ月で、本来のシミのない状態のお肌を取り戻してくれます。

 

ハイドロキノンを塗る場合、気をつけないといけない点があります。それは日焼けをしなるため、紫外線を浴びるとヤケドになる場合があることです。そのため、必ず日焼け止めクリームを塗らなければならないのです。ハイドロキノンは強い美白効果が得られる反面、刺激を感じやすいためお肌に塗る前にパッチテストをおすすめします。