青春ニキビはいずれ消える?ニキビ肌の正しい治し方

青春ニキビはいずれ消える?ニキビ肌の正しい治し方

青春ニキビはいずれ消える?

 

何をやってもどんどん出現してしまう青春ニキビ。ニキビを治そうと皮膚科に行って薬を処方してもらっても効果はナシと悩んでいる方も多いはず。青春ニキビはどうしてできてしまうのでしょう?

 

ニキビができてしまう原因

洗顔だって毎日しているし、皮膚科にも行っているのに治らないと手段が思いつかず悩んでしまうことってありますよね。ニキビは顔に集中して出てしまうため、人目に触れるのが嫌で引きこもりになる方も多いといいます。どうしてケアをしてもニキビが治ることがないのでしょうか。まず、ニキビができる原因には次のようなことが考えられます。

 

・ 毎日洗顔をしない
・ 皮膚科を受診しても薬を塗らない
・ 毎晩夜更かしをしている
・ スナック菓子をやめられない
・ 好き嫌いが多い

 

でも、ニキビができないように気をつけているつもりだけどなぜか増え続ける一方というのなら、慢性的なニキビ肌になっていると考えられます。

 

ニキビ肌を正しく治すには

生活週間などを改善しても治らないニキビは「異常角化」を引き起こしていると考えられます。角層が厚くなり、毛穴の周りがふさがれやすくなり皮脂が詰まるとニキビになってしまうのです。毛穴に皮脂が詰まったままだと皮脂は酸化し、炎症が起こりニキビになるのです。皮脂の酸化を防ぐには皮脂の詰まりを改善しないとなりません。

 

常日頃から皮脂が酸化しないように保つには抗酸化物質の「ビタミンC誘導体」が有効です。このビタミンC誘導体を夜に使うだけでOKです。シンプルで簡単なケア方法のため、続けるのも簡単です。

 

ニキビを治すには、我慢強く、甘いものを食べない、揚げ物を食べない、早寝早起きをするなど、多くの我慢が必要と考えられていましたが、じつはビタミンC誘導体がニキビの改善に有効といわれております。特に異常角化になると生活習慣を正してもあまりニキビに効果はないでしょう。

 

医学的にニキビに効果があると証明されているビタミンC誘導体は、どうしても治らなかった…と心を暗くしてしまうニキビにおすすめのアイテムです。皮脂抑制効果やアクネ菌の増殖を軽減してくれるため、困ったニキビの改善にピッタリです。

 

ビタミンC誘導体の便利な働き

アクネ菌は紫外線にあてることで炎症を起こしやすくなります。すると活性酸素が発生し、ニキビが悪化してしまいます。ニキビ治療には紫外線は避けなければならない存在です。しかしビタミンC誘導は活性酸素を除去してくれるのでニキビ治療にセットで使いたい存在というわけです。

 

青春ニキビを早く治したいのならビタミンC誘導体をケアに取り入れると変化があるかもしれませんね。