ニキビ跡が色素沈着する理由

ニキビ跡が色素沈着する理由

 

 

ニキビの炎症が治まったと安心していたら、ニキビがあったところにシミが!とがっかりしたことはありませんか?この、お肌に残ってしまう嫌なシミ。どうしてニキビ治ったあとに色素沈着を起こすのか不思議ですね。ニキビ跡の原因と色素沈着してしまった部分のケア方法があるのならうれしいですね。最適な方法で改善へと導きましょう。

 

色素沈着する理由

そもそも、色素沈着は、なぜするのでしょう?ニキビ跡の色素沈着には茶色いタイプと赤黒い紫色のようなタイプの2つがあります。

 

@茶色いニキビ跡の色素沈着
ニキビは毛穴に皮脂が詰まり炎症を起こしたものです。炎症を起こすと皮膚は炎症によって細胞が攻撃されないようにメラニン色素が排出されます。炎症の度合いにより、メラニン色素の量は多くなります。嫌な存在のメラニン色素と思われてしまうかもしれませんが、外的から皮膚を守る大切な役割を果たしています。ターンオーバーが通常通り働けば、皮膚に残ったメラニン色素は自然に排出されるのですが、体調が優れない、寝不足などでターンオーバーが正常に働かないと当然、メラニンは皮膚に残ってしまいます。これがニキビ跡に夜茶色い色素沈着の原因です。

 

A赤黒い紫色のニキビ跡の色素沈着
この、内出血のようなニキビ跡の原因は、ヘモグロビンの色です。ニキビの炎症がひどい場合、真皮まで傷つき、真皮の中の毛細血管が内出血し、細胞にヘモグロビンの色が染み渡ります。ヘモグロビンは赤いですが、時間が経つと酸素を失い黒っぽい色に変化します。

 

ニキビ跡による色素沈着を改善するには

美白ケア、ピーリングなどさまざまなスキンケアがありますが、シミを短期間で効果を出したいのならハイドロキノンがいいでしょう。ハイドロキノンは医療機関で処方される注目の美白クリームです。 最近では薬局などでも手にはいるようになりました。

 

ハイドロキノンはメラニン色素の原因になるメラノサイトの数を減らすことができます。「肌の漂白剤」と呼ばれるほどです。アメリカでは有名な成分です。さらに相乗効果をあげたいのなら「トレチノイン」と一緒に使われることをおすすめします。皮膚の再生機能がUPすることでメラニン色素の排出を促します。

 

ハイドロキノンは効果が高い分、使用する際には、医師からの処方し使いはじめることをおすすめします。ハイドロキノンでニキビ跡のないお肌をとりもどしたいですね。ぜひ、参考にしてください。