ニキビ跡とハイドロキノンの関係

ニキビ跡とハイドロキノンの関係

ニキビ跡が治らないときはどうすればいいの?

 

ニキビがやっと治ったと思ったら今度はニキビ跡で悩むなんて・・・。ショックですよね。ニキビは炎症の度合いが大きいとニキビ跡になることがあります。そんな色素沈着した嫌なニキビ跡はそのまま放っておくとシミのようになり、長期間悩まされ、どうしたらいいのか分からないと悩む方がたくさんおります。

 

今回は、自宅でできるケア方法のほか、クリニックなどで受けられる治療方法についてご紹介していきます。

 

ニキビ跡のケア

肌のバリア機能など、自分で肌が元通りになるパワーがあれば自然にニキビあとは治っていきます。そうするには、肌のケア能力でもあるターンオーバーが正常化すればニキビの再発を抑えられます。

 

ニキビ跡ができる原因はメラニン色素がニキビのできた部分を守ろうと集中してその部分にたくさん分泌されるからです。二キビができると真皮が傷つけられてしまいます。肌細胞を守ろうとメラニン色素は肌にダメージが行かないように役目を果たしているのです。

 

ニキビ跡が残ったとき最初にすること

ニキビ跡ができたときはターンオーバーが乱れていると考えましょう。ターンオーバーが働けばニキビができても色素沈着を起こすことはありません。皮膚の細胞がきちんとしたサイクルで新しい細胞と生まれ変わるからです。

 

これらのことを新陳代謝とも言いますが肌機能が上がればターンオーバーが働きやすくなるため、まずはターンオーバーが正常に働くためにできることを習慣にしましょう。

 

基本は睡眠をしっかりと摂ることです。肌の再生は寝ているときに活発に行われるからです。紫外線を浴びすぎないようにするのも大切です。日焼けはターンオーバーを乱す原因になります。食事も栄養バランスを考え、決まった時間に食べるなど、生活リズムをきちんと正すことでターンオーバーが乱れにくくなります。またストレスはホルモンバランスが乱れ肌に悪影響を及ぼします。ストレスのない生活が理想です。

 

ケア方法に「ハイドロキノン」がおすすめ

「ハイドロキノン」はビタミンCに比較すると約100倍の美白効果がある優れた成分です。一部の化粧品に含まれ、あとは皮膚科で処方してもらうことができます。

 

メラニン色素を取り除く作用が働き、気になる部分に塗るだけで、ニキビ跡やシミに有効的に働きます。シミが消えるなんて不思議ですが、これはメラニンが生成されるときに必要なチロシナーゼを抑制してくれるためです。

 

ニキビ跡が長引く前に、皮膚科で相談され、正しいケア方法で気になるニキビ跡を根本からやっつけたいですね。