ニキビの原因となる食べ物とは?

ニキビの原因となる食べ物とは?

ニキビの原因となる食べ物とは?

 

どうして私だけニキビが出やすいんだろう?同年代の友達と比較してもニキビが多いと感じてしまう。洗顔だってしているし、スキンケアだって気を使っているのに。そんなニキビは食事が関係しているのかもしれません。毎日の食事は習慣で、ニキビが出やすいと知らずに食べてしまっているのではないでしょうか。

 

ニキビは食事と大きく関係しています。肌の外からいくらスキンケアをがんばっても皮脂を過剰分泌させる食事をしていては毛穴が詰まりやすくなり自然にニキビができやすい体質になってしまいます。

 

皮脂が多くなりやすい食べ物

ニキビと食事はあまり関係ないように思われますが、皮脂と関係性が深い食材を食べると皮脂が多くつくられてしまいます。毛穴に皮脂が多くなるとアクネ菌が増殖します。ニキビができやすい体質の方に多く見られるのはニキビに良い食べ物とあまりおすすめできない食べ物を理解していないことです。ニキビを減らしたいのであれば、ニキビができやすい食べ物はなるべく控えることです。

 

ニキビができやすい食べ物は簡単にいうと脂の多い食べ物です。脂身の多い肉類を毎日食べていると当然体内に皮脂のもとになる成分が蓄積されてしまうのでニキビができやすい体質に変化します。また、バターを多く含む食事やお菓子類を食べすぎるのも良くありません。

 

お菓子類ではチョコレートやナッツ類があげられます。年代でも皮脂の分泌が盛んな時期にチョコレートやナッツを食べすぎるとニキビが悪化しやすい傾向にあります。

 

こうやって見てみると、和食や和菓子は脂分を多く含まないことが分かりますね。和を意識した食事を毎日心がけているだけでニキビができにくい体質作りになります。特定の食べ物を制限するとストレスがたまりますので動物性脂肪の過剰摂取をできるだけしないように心がけましょう。

 

カフェインがニキビとどう関係するの?

コーヒーやお茶類に含まれるカフェインは、ニキビとあまり関係性がないように思われますが、カフェインはニキビに良いとされるビタミンB群の吸収を低下させる働きがあります。またカフェインは睡眠不足を招く成分でも知られております。過剰摂取は裂けましょう。

 

アルコールとニキビ

毎日たしなむ程度に飲むのでは影響は少ないのですが、大量にアルコールを飲んだ後は体内でビタミンB郡が多く消費されニキビ体質を作り上げてしまいます。また皮脂腺を刺激しニキビができやすいため適度な量を飲むことが望ましいです。

 

これらのことを気をつけ、ニキビの少ない肌作りを目指しましょう。