ニキビに効く食べ物とは?

ニキビに効く食べ物とは?

ニキビに効く食べ物とは?

 

大人になってポツッとニキビが現れたらそれは栄養バランスの乱れの可能性が高いです。そんなニキビにはビタミンが良いといいます。栄養素や食材などをおぼえ、毎日の食生活にバランスよくいろいろな食材を取り入れニキビの予防に努めましょう。

 

ニキビにおすすめの食材

ニキビの効くビタミンといってもビタミンには数種類あり、一つの食材でたくさんのビタミンが配合されていると理想ですね。ニキビに良いとされるビタミンはA、B2、C、Eが代表的です。この中で多く登場する食材といえば、鶏や豚、牛のレバー類やうなぎ、うなぎの肝、あんこうの肝が目立ちます。

 

・ビタミンA

美肌効果の成分でもあるビタミンAは皮膚の色素沈着を防いでくれる肌に優れた成分です。乾燥や粘膜を保つを正常に保つ働きがあります。

 

ビタミンAを多く含む食材には、鶏や豚のレバー、そしてあんこう肝やうなぎ肝の魚の肝が最もビタミンAを含みます。野菜類の水溶性ビタミンよりも吸収力が優れニキビを防ぎ、ニキビ跡を目立たなくする効果もあります。鶏レバーは価格も安く、取り入れやすい食材です。大量に食べなくてもビタミンAを摂取できる動物性のビタミンを有効的に取り入れましょう。野菜でビタミンAを摂取したいのならニンジン、シソ、パセリなどがあげられます。心がけて摂取するようにしましょう。

 

・ ビタミンB2

ニキビの原因でもある皮脂の過剰分泌を防ぐ働きがあります。豚、牛、鶏のレバーやハツに多く含まれます。いかなごやうなぎの肝、うずらの卵、鴨肉、筋子、カマンベールチーズなどにも多く含まれます。

 

・ ビタミンC

シミのもとになるメラニンの生成を防ぐビタミンC。そして皮脂の酸化はニキビを悪化させる原因になります。そんな皮脂の酸化を防ぐのがビタミンCです。肌のハリでもあるコラーゲンの生成にもかかせない成分なので、毎日こまめに摂取したい物質です。

 

ビタミンCを多く含む食材の代表はみかんなどの柑橘類ですが、アセロラ、イチゴやキウイにも含まれます。意外と思われるかもしれませんが赤や黄色のパプリカはビタミンCが多く優れた食材です。サラダやマリネなどで生で食べるとさらに効率よくビタミンを摂取できます。

 

・ ビタミンE

肌の新陳代謝を良くする効果があるビタミンEは強い抗酸化作用があることでも知られております。ビタミンEはあんこうの肝、筋子、キャビア、明太子などの魚卵に多く含まれます。あゆやいわしの魚類、モロヘイヤ、うなぎ、大根葉もおすすめです。アーモンドやなたね油、マーガリンなどの油類にもビタミンEが多く含まれます。

 

ニキビに効く食べ方はバランスを考え、毎日おいしく食べることということを忘れないでください。